経験豊富なマッチングサポーターが出向の手続きや受け入れの準備等、
人材シェアマッチング導入をフォローアップします。

原 正紀

中小企業診断士、キャリアカウンセラー、ITコーディネーター、高知大学客員教授(キャリア論)、成城大学非常勤講師(企業論)、厚労省・経産省「働き方改革検討委員」、中小企業庁「人材不足対応研究会委員」等。
早稲田大学法学部卒業後(株)リクルートにおいて人材サービス分野でコンサルティング営業を実施。企業・官公庁・大学などへの提案活動を行う。在職中に慶応義塾大学ビジネススクールでHRM(人事管理)論等を学ぶ。その後独立して採用・定着・育成・人事制度構築などに関する提案を行い、多数の企業の成長・変革をサポート。官公庁や教育機関に対しても幅広く人材関係の提案活動を行う。併せて多くの自治体から公共事業での人材コンサルティングを受託して、大阪府30社、島根県10社、沖縄県5社、福島県5社等のコンサルティングを実施。人材分野での講演は年間50回以上を継続して実施。著書多数。

山田 徹

関西大学経済学部を卒業後、リクルートに入社。当初は中途採用を企業に提案する事業で企画提案営業を担当。その後はマネジャーとして、中途採用、新卒採用、人材育成支援などを担当。さらに総合企画部長や大手領域担当カンパニーオフィサーを歴任した後に独立して、フリーランスとして企業の人材マネジメントに関するコンサルティングなどを行う。専門分野としては、個人や企業の人材課題への課題解決提案、仕組み作り、人材採用領域に関するコンサルティング等で、特に採用に関しては長年の経験からの知識やノウハウを保有している。セミナー講師は年間10回以上行っている。新卒から非正規社員、シニアまでの人材に関する豊富なコンサルティング実績がある。

茂木 理恵

早稲田大学商学部卒業後、株式会社リクルートで11年間、就職情報誌の営業、渉外、事業企画に従事後、人材・組織活性のコンサルテーション企業に再就職。組織の360度評価、BSC(バランススコアカード)導入支援コンサルタントを4年間務めた後、ITエンジニア派遣会社の経営に参加。その後(株)アンテグランを起業し、組織と業務プロセス、人材にまつわる問題の洗い出しと改善提言を開始、現在に至る。 人材・組織活性コンサルテーション、人材と内外ネットワークを含む組織および業務プロセスの評価と課題を抽出し対応策の提案と実施を行っている。一般社団法人交渉学協会認定プラクティショナー

宮内 史郎

1977年、早稲田大学政治経済学部卒業。
卒業後、野村證券にて証券営業、その後TDK株式会社に転じ米国駐在時に、北米コンシューマ市場の商品企画、マーケティングを担当。帰国後、記録メディア事業部統括の商品企画、経営企画、全社の人材マネジメント、人事教育に携わる。退職後は、中小企業の販路開拓を専門に、経営支援、ビジネスプランの作成・実行支援、人材採用・教育等、中小企業の経営課題の解決にあたる。2017年から中小企業と大企業OB・OGのマッチングによって企業が抱える経営課題を解決する『生涯プロフェッショナル』/『Engun』事業に参画。組織開発、人材マッチング等のコンサルティング活動に関わる。公共事業等でのコンサルティング実績も豊富。

三輪 洋介

慶応大学法学部卒業後、積水ハウスを経てアメリカンファミリー生命保険で人事課長・人事部長・人事担当執行役員・人事担当常務執行役員を歴任した人事のプロ。人事制度改革を常に行い、複線型人事制度(ex.転勤あり、転勤なし社員の導入、専門職制度の導入、アルバイト社員の正社員への登用等)や人事評価制度の改定(絶対評価と相対評価の複合的導入)を実践した。採用から研修を通して人材開発を重点的に行い、女性社員の役員への登用、部課長への昇格等女性の活躍の場の拡大に貢献した。経営経験豊富、研修等講師は10年以上にわたり、新入社員から管理職研修、新任役員研修まで幅広く実施、企業コンサルティングも実績豊富。

浅葉 名津美

中小企業診断士。産業カウンセラー。キャリアコンサルタント。
大学卒業後、民間企業での人材育成・採用・労務担当、公的機関でのキャリアおよび採用支援業務、教育機関でのキャリアコンサルタントなどを経て独立。ITコンサルティング企業の採用担当者としてはダイレクトリクルーティングシステムを活用し、独自ノウハウの構築や入社後の就労環境改善のため、就業規則の改善や従業員からの多様な労務相談にも対応。採用支援を中心とする人事労務領域を専門とするほか、人材不足をカバーするためのIT利活用も得意とし、コンサルティング経験は豊富。
平成30年度女性活躍推進アドバイザーとしても活動中。講師実績は東京しごとセンターでの「採用労務セミナー」など多数。

お問い合わせはこちら