関東de人材シェア-当サイトでは、中小企業・小規模事業者の人材のシュアマッチングを支援することを目的とし、受入希望企業の紹介や送出希望企業の募集などを行っております。

埼玉県知事からのメッセージ

埼玉県知事の大野元裕です。
新型コロナウイルスとの共存の長期化を強いられる中、感染拡大防止と経済活動の両立を図ることは極めて重要です。県では、「強い経済の構築に向けた埼玉県戦略会議」において、コロナ禍でも発展する強い埼玉県経済の構築を目指す様々な取組をまとめました。
その一つが、関東経済産業局をはじめとする関係機関の協力で「一時的に企業間で人材の送り出しと受入れを行う仕組み」である、この「人材シェアマッチング」ポータルサイトです。
コロナ禍により雇用情勢は大きく変わってきています。県内企業の皆様、雇用の維持と人材不足解消を可能にするこの仕組みを是非とも御活用ください。

埼玉県知事 大野 元裕

関東経済産業局長からのメッセージ

新型コロナウイルスの影響により埼玉県内の雇用情勢は引き続き厳しい状況が続いております。埼玉県では「強い経済の構築に向けた埼玉県戦略会議」を開催し、雇用対策の「人材シェアマッチング」をはじめとした提言がまとめられました。
「人材シェアマッチング」は、「余剰人員を抱える企業」と「雇用吸収力のある企業」を一時的に結びつけるもので、埼玉県、埼玉労働局、産業雇用安定センター埼玉事務所、経済団体、金融機関、関東経済産業局が連携しながら県内企業の人材マッチングを行うものです。また、7月1日にはこのポータルサイトを立ち上げ、マッチングを希望する企業からの登録も出来るようにしております。是非ご活用ください。
関東経済産業局では、雇用対策をはじめ皆さまの課題解決に向けて全力で取り組んで参ります。引き続き宜しくお願いいたします。

関東経済産業局長 角野 然生

人材シェアマッチング とは

人材シェアマッチングとは「人材余剰の企業」から「人材不足の企業」へ一時的に雇用を移動させる考え方です。新型コロナウイルス感染症の影響により雇用状況が大きく変わる中、企業間で人材の送り出しと受け入れを行う事で、雇用の維持や人材のスキルアップ、経営改善の最適化が期待できます。

当サイトでは、埼玉県内に事業所を持つ中小企業等の人材のシェアマッチングを支援することを目的とし、受入希望企業の紹介や送出希望企業の募集などを行っております。また、経験豊富なマッチングサポーターが出向の手続きや受け入れの準備等、人材シェアマッチング導入をフォローアップすることもできます。

各機関の概要

関東経済産業局は、埼玉県、埼玉労働局、公益財団法人産業雇用安定センター埼玉事務所等と連携し、新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受け、企業活動が縮小し従業員に余剰感があるが雇用を維持したい企業と、同影響に より人材不足が顕在化した企業との一時的な人材シェアマッチング支援を実施します。その他にも新型コロナウイルス感染症の影響を受けた企業のための支援策をご用意しておりますので、是非、ご活用ください。

埼玉県は、県内企業を人材確保の面から支援する「埼玉県企業人材サポートデスク」をハローワーク浦和・就業支援サテライト内及びU_PLACE3階川越市民サービスステーション内に設置しています。企業での人事実務やハローワークでの相談実務を経験した相談員が、相談を承ります。必要に応じて、国・県などの窓口におつなぎしお悩み解決のお手伝いをします。

ハローワークの求人窓口では雇用調整助成金、求人申込の手続きに加え、求人内容に対するご相談、業種別の平均賃金等の労働市場情報、求職者の方の声などの情報提供を行っています。また、求職者の方のハローワークを利用してのお仕事探しは、パソコンでの求人検索、窓口での職業相談、職業紹介があります。 ご利用は、住所の管轄問わず、どこのハローワークでも可能です。 求人の内容は日々新しいものが更新されます。また、自宅に居ながらインターネットを利用してハローワークの求人情報が検索できます。

当センターは従来より出向・移籍を中核的業務として実施しており、新型コロナウイルス感染症(以下「感染症」)の影響により、一時的に雇用過剰となっている企業から人手不足が生じている企業への異業種間の在籍型出向の支援についても取り組んでいるところです。このたび、当センターは「雇用を守る出向支援プログラム2020」を実施することとし、感染症により従業員の雇用維持を図るための在籍型出向支援の取り組みを一層強化することとしました。

お問い合わせはこちら