株式会社リアンコーポレーション(栃木県宇都宮市)

今回のテーマは留学生の視点で感じた魅力を伝えることと、留学生が就業したの際の課題の洗い出しでした。

インターンシップに参加したきっかけ・経緯を教えてください。

日本に留学をしてから必ず日本で働きたいと思っています。学校では、建築模型の制作や建築CAD、インテリアデザインを学んでいるので、学校で学ぶだけでなく、実際の会社ではどんな風に進められ、どんなことが必要かを体験したいと思いました。宇都宮大学の留学生の紹介でインターンシップを知り応募しました。

インターンシップの実習内容を教えてください。

インターンシップでは、留学生の視点で感じた魅力を伝えることと、留学生が就業したの際の課題の洗い出しをテーマとして与えられました。
・1日目:打合せに参加。売り上げ目標や売り上げ達成のためにチームで協力していることがわかり会社の魅力だと思いました。
・2日目:CADを見せてもらいました。学校とは違うスピードやほかのこともやりながら進めているのが勉強になりました。
・3日目:CADを体験しました。とても緊張して難しく感じました。お客様の施工事例も教えてもらいました。
・4日目:ショールームを説明してもらい、お客様にどんな接客を心がけているのか教えてもらいました。
・5日目:設計部の仕事を一通り説明してもらいその他に会社で大切にしている環境整備も体験しました。また感じたことを報告しました。

インターンシップを通じて受入企業について分かったこと・気付いたことを教えてください。

働いている人が仲が良くて明るいところが魅力です。模型作りやインテリアデザインが好きでこの仕事をしたいと思っていますが、ほかの人も仕事を楽しんでいると思います。お客様に感動を与えると聞いて、初めはわからなかったのですが家は一生に一度の大きな買い物なので、感動するくらいベストを尽くす気持ちがみんなにあるということを知りました。それはこの会社に頼んでよかったと思ってもらえるので、とても良いことだと思います。その後、他の人にも勧めてもらえることが魅力だと思います。

インターンシップを通じて自分自身が変わったこと・気付いたことを教えてください。

まだたくさん勉強しないといけないと思いました。もっと、日本の会社で働きたいと思いました。日本は安全で技術力があることがすごいと思って、小さい時からあこがれて留学しています。インターンシップでは、技術力だけでなくコミュニケーションやおもてなしを知り、建築でもおもてなしが大切ということは初めて知りました。これから挨拶をすることを意識し、おもてなしの気持ちを持ちたいと思います。

学生プロフィール

大学名
:宇都宮メディアアーツ専門学校(ベトナムからの留学生)
学部名
:建築インテリアデザイン科
学年
:1年生
性別
:男性

企業プロフィール

企業名
株式会社リアンコーポレーション(栃木県宇都宮市)
所在地
栃木県宇都宮市下栗町2934-1
資本金
3,000万円
仕事内容
住宅・マンションのリフォーム・不動産事業・介護事業・新築工事
TEL
028-678-5493
HP

企業担当者コメント

「私たちは単に家を売る、古いものを新しくする、ただ物を提供する仕事はしない」
私たちの会社は、売り上げの為に存在しているのではなく、地域の皆さんに喜びや幸せ、楽しさ、感動を提供するために存在し、皆さんの喜びや幸せ、楽しさ、感動の数が増えればおのずと会社の永続に繋がると信じています。参加してくれた留学生にもこれから出会う人たちにも伝わると信じて新しい出会いを持っています。

編集部コメント

魅力ある企業というのはすぐにわかるものです。初めて会った瞬間の笑顔、挨拶、他者に興味を持つ姿勢・態度、そしてスタッフの仲の良さ、チーム力、向上心、社長との距離感等々が詰まった空気が社内にあります。今回留学生の受け入れを打診させていただいた際、決断のスピードと柔軟さに驚きました。履歴書に目を通し、チャレンジする留学生をまずは「すごいね」と認めてくださるあたたかさを感じました。企業理念が机上のことではなくスタッフから感じ取ることができることが魅力だと思います。

「関東deシゴト発見!」は経済産業省関東経済産業局から(株)学情に委託され運営されています。