株式会社サンロフト(静岡県焼津市)

共通業務と、広報・マーケティング職の専門業務を行い、会社や企業人の働き方や考え方を学びました。

インターンシップに参加したきっかけ・経緯を教えてください。

私は、生まれ育った焼津で地域貢献したいと考えています。大学3年の夏、実際に企業へ足を運んで、目標とする仕事を見つけたいと思ったとき、大学でチラシを見つけたのがサンロフトさんでした。Webサイトを見ると、地元に密着した事業を行いながら、ベンチャー企業の視点で全国展開もしている、時流に対応した会社であるとわかりました。自分の地元に、こんな企業があるのかと驚く共ににとても魅力に感じ、参加を決意しました。

インターンシップの実習内容を教えてください。

共通業務と、広報・マーケティング職の専門業務を行い、会社や企業人の働き方や考え方を学びました。
・企業研究:会社や事業の話だけでなく、IT業界や就職活動の話など、大変参考になりました。
・プロジェクト型業務:インターンシップ生全員で「電子地域通貨」をテーマに課題や解決策を考え、社長と社員に提案プレゼン。チームワークの重要性を実感。
・広報・マーケティング職業務:Webサイトコンテンツ検討、ワークショップ現場同行、部門ミーティング見学など、様々な専門業務を体験。技術だけでなく社会人としてのあり方も学べました。
・社外プロジェクト見学:役場に訪問し、役場と企業、大学が連携して行う会議を見学。目標設定の必要性を実感。
・報告会:成果報告をし、フィードバックを受け、自分の課題に気づきました。

インターンシップを通じて受入企業について分かったこと・気付いたことを教えてください。

常に社会の変化を捉え、新しいものを取り入れたり、生み出したりすることで人々の生活をより豊かにすること、地域貢献に力を入れていることが印象的でした。また、私たち学生が意見や考えを述べるときも、社員の皆さんは決して否定せず真剣に耳を傾けてくださり、人柄の温かさを感じました。社員同士、社長と社員のコミュニケーションもとても活発で、社内にはいつも笑顔が溢れており、私もこのような会社で働きたいと思いました。

インターンシップを通じて自分自身が変わったこと・気付いたことを教えてください。

インターンシップに参加する前までは、就職や社会に出て働くことに対して不安の方が大きく、マイナスなイメージを持っておりました。しかし、2週間のインターンシップを通して、サンロフトの皆さんが生き生きと働く姿を間近で見たり、仕事の難しさの中にあるやりがいを感じることができたりしたことで、これからは今後の自分の将来について、前向きに考えていこうという気持ちが芽生えました。

学生プロフィール

大学名
:常葉大学
学部名
:教育学部・生涯学習学科
学年
:3年(2020年卒業予定)
性別
:女性

企業プロフィール

企業名
株式会社サンロフト(静岡県焼津市)
所在地
静岡県焼津市柳新屋436-1
資本金
8,000万円
仕事内容
Webサイト制作、業務システム開発、セキュリティ対策支援、クラウドサービス提供、保育者向けIT専門紙発行
TEL
054-626-3366
HP

企業担当者コメント

幅広く、現場に近い仕事をこなしてもらうことで、会社がどのようなところなのか、理解を深めてもらえたのではないでしょうか。学生に対する質問への回答や、成果物へのフィードバックなどのサポート体制にも力を入れているため、自分の課題を見つけやすかったのかもしれません。また、社長や社員と同じオフィスで仕事をするため、会社全体の雰囲気や社風を感じてもらえたことで、就職することに対して前向きに捉えられるようになったのではないかと思います。

編集部コメント

静岡県内のお客様を中心に、Webサイト制作やシステム開発に携わる一方で、全国展開も視野に入れた新規事業に取り組むサンロフト。創立は1992年で、パソコン、ウィンドウズ、インターネット、ソーシャル、スマホなどが登場してきた激動のIT革命時代を生き抜いてきた企業です。社員同士の距離が非常に近く、日常の会話も活発に交わされているそうで、月に1回、抽選で選ばれた社員同士でランチをするなどのユニークな社内イベントも実施しています。「テクノロジーを親しみやすく」を企業理念に、お客様に喜んでいただけるサービスを日々創意工夫して提供しています。

「関東deシゴト発見!」は経済産業省関東経済産業局から(株)学情に委託され運営されています。