株式会社シンミドウ(埼玉県さいたま市)

“好き”だけでは良い商品を作る事は難しいという事に気づきました

インターンシップに参加したきっかけ・経緯を教えてください。

私は本を読んだり文章を書く事が好きで、出版業界に興味を持ってます。今回は「Fitire×Stage」という企業紹介小冊子の作成体験という所で、自分の文章力が社会でどのくらい通用するかを試したいと思い参加しました。また、シンミドウ様は、コンサルティングやイベント企画等、幅広く事業を行っており、自分の視野を広げて将来の就職活動にも生かせる良い機会だと思った事も決め手になりました。

インターンシップの実習内容を教えてください。

1日目:業界や会社の説明を教えて頂きました。先輩社員の仕事内容もお話頂き、「少人数だからこそ、みんなでチームとなって色々な仕事が経験出来て楽しい!」と仰って頂き、大きい会社だからいいというわけでなく、やりがいを感じられる職場で働きたいと思いました。
2日目:今回は小冊子1ページの原稿作成が目標だったので、まずは原稿を作る企業の特徴をリサーチしました。
3日目:取材の際に録音した音声を、文字に起こす作業を行いました。全て文字にすると膨大な量の文章になってしまうので、削る所を相談しながら作成しました。文章は書くことがメインだと思っていたのですが、削る作業も大事なのだと学びました。
4日目:添削して頂いた文章の中から、実際に記事にするポイントをまとめ、記事作成を行いました。記事にしたいポイントが多かったので、学生目線で企業の面白い所をピックアップして作成しました。
5日目:4日目と同じく、原稿の作成を行いました。最後に担当頂いた方からフィードバックを頂きました。

インターンシップを通じて受入企業について分かったこと・気付いたことを教えてください。

私は出版の仕事内容で興味を持ち、インターンシップに参加しましたが、5日間の仕事体験の中で、シンミドウ様はコンサルティングやブランディング等のクリエイティブな事も行われている事がわかりました。特に採用コンサルは、営業をしながらライターも出来るとのお話を伺ったので、コンサルの能力だけなく、様々な能力が必要なのだと勉強になりました。
また、インターンシップ中は学生としてではなく、同じ社員のように扱ってもらい、ただインターンシップに参加したというよりも、責任を持って働くという視点で5日間参加できました。作業をしていて、一人で考えてしまい、相談出来ていなかった時に、担当の方に「社会人の基本はホウレンソウだよ!」と教えて頂いた事がとても印象に残ってます。

インターンシップを通じて自分自身が変わったこと・気付いたことを教えてください。

文章を書く事が好きだったので、今回シンミドウ様のインターンシップに参加しましたが、好きなだけでは良い商品を作る事は難しいという事に気づきました。今までは自分の好きなことばかり書いていたのですが、内容が決められているものを、読んでもらうことを意識して文章を書くのは難しいなと思いました。ただ、ポイントをまとめる作業では、上手くまとめる事ができ、担当の方に褒めてもらえましたので、今後も諦めず出版業界を目指して勉強します。
また、働くという事への考え方も変わりました。インターンシップに参加する前は、仕事は辛いといったイメージでしたが、5日間を通して、仕事だから得られる喜びがあるんだと思い、これからも興味がある企業には、仕事体験を通じて企業研究していければと思いました。

学生プロフィール

大学名
:埼玉大学
学部名
:経済学部 経済学科
学年
:2020年卒
性別
:男性

企業プロフィール

企業名
株式会社シンミドウ(埼玉県さいたま市)
所在地
さいたま市大宮区桜木町4-244-1 TSUZUKI BLDG. 2F
資本金
1,000万円
仕事内容
経営コンサルティング事業 広告・出版事業 イベント企画事業
TEL
048-657-4343
HP

企業担当者コメント

今回のインターンシップでは、ライター職に興味があるとの事でしたので、フリーペーパーの作成業務を主に経験して頂きました。如何せん文章をただひたすら書くだけではなく、冊子の構成や取材音声からの書き起こし、原稿の添削なども行って頂いたので、難度の高い業務となってしまいましたが、積極的に質問をいただきながら体験してもらいました。「仕事内容をより深く知れた事も良い経験でしたが、社会人になるイメージが具体的に出来て良かったです」と言って頂き、こちらも就職活動の一助となれたと思い受けれて良かったと思いました。「何かをしたい」という想いと、「仲間を大切にする」という考え方をお持ちの方は是非お越し下さい!

編集部コメント

出版、コンサルティング、イベント企画等々、多角的に事業を行っているシンミドウ様。2008年創業、無形商材を中心に提供を行い、「本物の経営コンサルティング」と称した予想の範疇での提案ではなく、実体験をベースに経営支援を行う企業です。担当者様曰く、「相手の立場に立って、とことん親身になれる事が、当社としてではなく社会人として大切である」と仰っておりました。多種多様な事業内容の中で、自分の創造力、クリエイティビティを発揮したい方はもちろんですが、その他にも社会人になるという視点を学びたい方には、非常に魅力的な企業であると感じます。

「関東deシゴト発見!」は経済産業省関東経済産業局から(株)学情に委託され運営されています。