有限会社ホテルこだま(長野県下高井郡)

社員の皆さんから親切・丁寧に仕事を教えていただき、大変楽しくホテルの仕事を理解する事ができました。

インターンシップに参加したきっかけ・経緯を教えてください。

インバウンド観光に興味があり、実際に体験することで、これから日本で学習していく内容の意味、理解を深めようと思い参加しました。語学力、コミュニケーション力など実践を通して、日本の観光・おもてなしを学ぶ良い機会だと思いました。

インターンシップの実習内容を教えてください。

ホテル業務全般
・清掃
・配膳
・接客

インターンシップを通じて受入企業について分かったこと・気付いたことを教えてください。

社員の皆さんから親切・丁寧に仕事を教えていただき、大変楽しくホテルの仕事を理解する事ができました。仕事の内容は多岐に渡りましたが、なんとか対応する事ができました。外国人の宿泊も多い所なので、外国人の私でも抵抗なく受入れてもらい、安心してインターンシップを行うことができました。

インターンシップを通じて自分自身が変わったこと・気付いたことを教えてください。

体験する事で知識が増えました。今回のインターンシップをもとに、将来インバウンド分野で活躍できるよう、就職に必要なことをもっと学んでいきたいと思いました。

学生プロフィール

大学名
:専門学校長野ビジネス外語カレッジ(中国からの留学生)
学部名
:日英通訳コース
学年
:1年
性別
:女性

企業プロフィール

企業名
有限会社ホテルこだま(長野県下高井郡)
所在地
長野県下高井郡山ノ内町志賀高原一の瀬
資本金
非公開
仕事内容
ホテル
TEL
0269-34-3331 
HP

企業担当者コメント

すぐに従業員と仲良くなり、円滑に業務を進める事ができ、素晴らしい行動力・実践力があり、どこへ行っても即戦力となると思います。

編集部コメント

有限会社ホテルこだまは、標高1,600mの高原にある欧風ホテルを運営しています。冬にはパウダースノーの銀世界が目の前に広がり、ゲレンデ直結の立地から地元でも人気を博している宿泊施設です。春から夏にかけて草木が彩り、秋には紅葉が周りの山々を鮮やかに染めるなど、日本人観光客はもちろんのこと、外国の方にも大人気。インバウンド需要を追い風に、志賀高原を代表する企業(施設)として今注目を集めています。

「関東deシゴト発見!」は経済産業省関東経済産業局から(株)学情に委託され運営されています。