株式会社広告新聞

ADD(広告物流)事業における事業内容及び仕事内容について学びました。

インターンシップに参加したきっかけ・経緯を教えてください。

もともと日本での就職に興味があり(優良企業が多く、賃金も高い傾向にあると聞いていたため)、留学しています。来日して4年ほどになりますが、卒業後も日本に住みつづけたいと思っています。現在アルバイトはしていますが、国内企業でのインターンシップの経験はなかったため、経験を積むために参加を決意しました。こちらの会社では業務委託で働く留学生が多いと聞き、興味をもちました。

インターンシップの実習内容を教えてください。

1日目:午前中は事業内容や仕事内容について説明を受けた後、配布スタッフが広告物(広告新聞、販促チラシ、DM、試供品等)をポスティングで宅配する際に使用する地図についても説明を受けました。その後、当日配布分のチラシを社用車に積み込み、社員の方とともに別の拠点へ移動しました。昼休憩をはさみ、午後は集まった配布スタッフ(業務委託で働く留学生など)ひとりひとりにチラシを渡しながら仕事を指示し、送り出しました。その後は配布スタッフが戻るまで待機し、戻ったスタッフに当日分の給料を支払いました。
2日目:前日と同じ仕事に加え、新人スタッフが担当した配布先を訪ね、指示通りに配布を完了しているかを確認しました。

インターンシップを通じて受入企業について分かったこと・気付いたことを教えてください。

ADD(広告物流)事業における事業内容及び仕事内容について学びました。顧客の希望するエリアに広告物を配布する仕事です。配布スタッフに仕事を指示するまでの、地図の用意やチラシ仕分けなどの準備の流れや、配布スタッフへの指示の出しかた、仕事のチェックのしかた、給与の支払いかたなど、間近で見たり体験したりすることで、充分に理解することができました。

インターンシップを通じて自分自身が変わったこと・気付いたことを教えてください。

スマホ地図アプリの発達により、日ごろ紙の地図を見る機会はほとんどありませんが、この仕事ではポスティングの際に紙の地図(住宅地図)を活用します。地図には漢字が多く使われているため、この仕事に就くには日本語能力を上げる必要があると感じました。
また、挨拶することや時間を守ることの大切さについて、それらの理由も含めて再認識しました。インターンシップを通じてその2点をしっかりと実行できたことはよかったです。

学生プロフィール

大学名
:前橋総合技術ビジネス専門学校
学部名
:日本語ビジネス学科
学年
:2年(2019年度)
性別
:男性

企業プロフィール

企業名
株式会社広告新聞
所在地
群馬県前橋市下大島町24
資本金
40,000,000円
仕事内容
広告新聞事業・ADD事業・MMC(マルチメディアコンテンツ)事業
TEL
027-289-5300
HP

企業担当者コメント

今回のインターンシップでは、当社の雰囲気を知ってもらうためにポスティングする前の様子を見学してもらいました。業務委託をしている留学生がすぐ仕事に移れるように工夫している様子を見て、たくさん質問をしてくれました。ADD事業部の方に同行し、業務委託を受けている留学生へ配布するチラシを渡したり、配布が終わった後お給料を支払ったりする場を体験し管理職の責任感とやりがいを感じ取っていただいたと思います。

編集部コメント

広告新聞事業、ADD(広告物流)事業、MMC(マルチメディアコンテンツ)事業を手掛ける広告新聞様。今回はその中から、ADD事業の「配布管理」という仕事を体験しました。近隣には多くの留学生を抱える専門学校があり、こちらの会社でもたくさんの留学生が業務委託で活躍しています。そのような外国人材を管理する仕事のため、国内での就職を希望する留学生にとっては自らの強みを活かして働ける企業のひとつではないかと感じました。

「広域関東JOBフィールド」は経済産業省関東経済産業局から(株)学情に委託され運営されています。