病と闘う人たちの苦労が少しでも軽くなる新しい器具を、会社の全体力で作ります!

塚田メディカル・リサーチ(長野県上田市)
  • 生産管理
  • 長野県
  • 即戦力人材

厳選企業の紹介

創業は1986年。創業者が大学病院勤務医時代に、薬剤をゆっくり注入できる注射器のようなシリコン製の器具(シリコンバルーン)の開発に着手したのが始まりでした。

当時、夜間の痛み止め処置は、一度に多く注入することができない鎮痛剤を、数時間ごとに注射で投与する必要があり、看護師や医師が夜間に交代で処置していました。これによって患者も勤務医も看護師も十分な睡眠をえられないという厳しい環境を生み出してました。この状況を改善したいという思いが、製品開発のきっかけになり、完成したシリコンバルーン式の注射器によって、患者も痛みで目をさまさず、看護師や医師も深夜に交代で処置することが激減しました。その後も、泌尿器科や耳鼻科の分野でこれまでにない製品開発を行い、現在に至ります。
そして昨今では、その技術力に注目が集まり、従来、医療用だったシリコンバルーンを、JAXAの国際宇宙ステーションで飼育する実験用マウスに、電気などの外部エネルギーを使わずに水を与える用途に使える製品に改良して提供。宇宙でも弊社製品が役立ちました。
そんな宇宙開発事業の次は、海外の医療現場に私どもの製品を届け、病と闘う人々を助けたいと考えています。
そんな弊社のミッションはシンプルです。
・誰かを助ける、救うものを創り、生活の質の向上をはかる(医療器具の進歩は、救える命をふやす、痛みを軽くする)
・社会のプラスになることにチャレンジしていく(宇宙開発への協力、宇宙品質の追求)
この目標に向かって共に歩む同僚・先輩はこんな人たちです。
・チャンスがあれば、あたらしいことにチャレンジしたい
・いろんな人の個性を理解したい
・会社全体の技術や情報を共有し共感したい
また弊社では、日々働くだけではなく社員のキャリアデザインを共に形成していきたいと考えておりますので、資格取得のためのバックアップやフォローは積極的に行っていきます。また病院と直結して開発しているため、例えば化学系、生物系のエンジニアが、医療系のスキル、知識を身につけることも可能な職場です。また、今後海外への製品展開を控えており、ますます、事業を拡大していく予定です。
このように、これからも成長過程にある私たちの会社で、ともに社会に役立つものづくりを目指しませんか!

求人情報

募集職種
生産管理
仕事内容
医療機器の設計開発・製造管理・品質管理に関わるお仕事です。
■以下のいずれかの部門で活躍していただける方を募集します。
麻酔科・泌尿器科・耳鼻科で使用するカテーテル等の
1.開発部門 ・従来製品の改良・新製品の研究開発
2.製造部門 ・資材調達・工程管理・製造技術研修の策定及び実施
3.品質管理部門 ・製品の品質安定・品質向上対策の策定及び実施
*入社後3ヶ月間は、製品の製造過程を学んでいただくために製造工程に入っていただきます。
*医療法人慈修会グループの企業として活動しており、自社グループ内にある(医)慈修会で医療現場研修を行い、
販売会社である(株)DIBインターナショナルにて営業研修を行います。
*現在、海外との取引が増加傾向にあり、海外勤務、海外貿易経験者または海外留学経験者等で語学(特に英語)に自信のある方は歓迎いたします。
対象となる方
大学院、大学卒以上(理系・文系は問いません)
■長期勤続によるキャリア形成のため若年者等を対象:(但し、実務経験のある方は別途ご相談に応じます。)
■必要な免許・資格:普通自動車免許

★異業種からの転職組が多数活躍しています。医療機器の製造に興味のある方はもちろん、チャンスがあれば新たなチャレンジをしてみたいとお考えの方、活躍の場を弊社がご提供します。是非ともこれまでの経験を弊社で活かしてください。
勤務地
〒386-2202 長野県上田市真田町本原1931-1
勤務時間
8:30~17:30(実働8時間) 休憩:60分

時間外あり 月平均10時間
雇用形態
正社員
給与
月給 210,000円~280,000円
待遇・福利厚生
【福利厚生】
雇用 労災 健康 厚生 
退職金制度:あり 勤続10年以上
定年:あり 一律 60歳
再雇用:あり 65歳まで
休日・休暇
週休2日制(土日休み)

【その他】
自社カレンダーによる(土曜日半日出勤の場合あり)
■夏期休暇、年末年始休暇、育児休暇、年次有給休暇(初年度11日付与)

企業情報

会社名
塚田メディカル・リサーチ(長野県上田市)
業種
医薬品・医薬品
設立
1986年
代表者
塚田 修
従業員数
27名
資本金
1千万円
本社所在地
長野県上田市真田町本原1931-1
事業内容
医療機器(薬液持続注入器・導尿用カテーテル等)の開発・製造・販売
1989年に創業。医師の視点から「患者さんが治療中・後に自分らしい生活を送る」、「医療現場の負担軽減」のためシリコーンバルーンによる「疼痛管理用持続注入器」を世界で初めて開発しました。その後も「誰かを助ける、救うものを創り、生活の質の向上をはかる」を基本として、医療機器の開発、製品化を進めています。また、これまでの技術の応用として、宇宙開発事業や深海探査の分野にも参入し、開発、提供を行っています。
企業ホームページ

「関東deシゴト発見!」は経済産業省関東経済産業局から(株)学情に委託され運営されています。